読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0じゃない可能性を見つけるブログ

挑戦する事の意味を考えること

マラソン距離への挑戦

私は、今マラソンを頑張っています。もともとダイエットから始めたマラソンですが、とても気持ち良いと感じるのです。マラソンは、とても辛いです。始めたころは、すぐにどこかが痛くなってしまって、長い距離が走ることが出来ませんでした。そして、だんだん体が慣れてきて、呼吸も強くなってきました。

 

f:id:q78f9ae8g66g:20140305222520j:plain

 

そこで、マラソン大会に出ようと思ったのです。最初は、マラソン大会の3キロコースにしました。マラソン大会の日は、たくさんのランナーが来ていて、とてもその雰囲気が楽しかったです。そして、3キロを無事完走出来た時、すごい感動したのです。そして、次は、もっと長い距離の大会に出ようと思ったのです。

 

次は、10キロマラソンに出ようと思って頑張りました。私は、マラソン大会に出ることに快感を覚えたのです。私は、マラソン大会に参加した時に、マラソンに挑戦することに楽しみを感じた瞬間でした。

 

運動はどちらかと言うと苦手なタイプですが、マラソンは、頑張れば、それだけの結果が出るのでとても楽しいと感じます。毎日たくさん走れば、それだけ筋肉も付きますし、呼吸も辛くなくなります。

 

ですから、マラソンは裏切らないと思ったのです。10キロマラソンは、3キロに比べてとても距離が長いので、とてもキツイと感じます。でも、毎日頑張っています。運動が苦手ですが、マラソンはとても楽しいと感じています。

そして10キロマラソンの大会の日がきました。マラソン大会に出場したのはそれで二回目ですが、とてもわくわくしました。10キロきっと走れる、と自分に言い聞かせていました。そして、無事に10キロ走ることが出来ました。初めて、10キロ走ったのでとても自分で感動しました。またマラソン大会の独特の雰囲気の中で10キロ走ったことは、とても自分の中で喜びを感じました。


このまま、走る距離を伸ばしていって、いつかはフルマラソンに出場したいと思っています。マラソンには限界がないと思います。ですから、フルマラソンに出るために、毎日少しずつでも走り続けて行きたいと思っています。