読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0じゃない可能性を見つけるブログ

挑戦する事の意味を考えること

妊婦の皆さん、腰痛対策がんばりましょう!

妊娠中は、骨盤が緩まることと、おなかが大きくなることで、多くの人が腰痛に悩まされると聞き、早いうちから予防が必要だと思いました。

 

妊娠初期に骨盤ベルトを購入し、つけたのですが、夏場でしたので、下に腹巻をしてつけても、肌がかぶれて痒くなってしまい、結局長続きしませんでした。中期になって、ある日洗濯や掃除をしていると、腰が「ピシッ」という感じで痛みが走りました。慌てて少し腰をマッサージし、しばらく付けていなかった骨盤ベルトをすると骨盤が支えられ、腰がとても楽でした。それからは、床のものを拾うときや布団を持ち上げるときなど、腰を曲げるのではなくひざを曲げてしゃがんでから持つようにし、できるだけ骨盤ベルトをつけるようにしました。

 

しかし汗をかかない時期になってもベルトをすると肌が痒くなり、腰痛と痒みのどちらを取るかで悩みました。結局ベルトは肌に軟膏を塗りつつ、付けたり付けなかったりの日々が続きました。また、腰痛対策として、寝るときに、足と足の間にクッションや座布団を挟んで横向きで寝ると腰に負担がかからないと母親学級で聞き、実践しました。この形で横になるのは非常に楽でした。

 

また、なるべく温かいお風呂に入り、お風呂からあがったら、背中や腰をタオル玉でマッサージしていました。タオル玉とは2枚のタオルを結んだもので、その結び目の上に仰向けに寝て、背中や腰に結び目を当てて体重をかけグリグリします。もともとはマッサージ機の様なものを使っていたのですが、妊娠してからはそれだと刺激が強すぎたので、タオル玉にしました。凝り固まった腰が気持ちよくなるので、直接腰痛の緩和になるかはわかりませんが、お勧めです。

 

最後に一番気を付けたことは、体重を増やし過ぎないことです。急に体重が増え、お腹が大きくなると、一気に腰に負担がかかり、腰痛は免れないと思いました。妊娠中は普段と同じ量を食べていても、吸収率が変わるのか太りやすいので、必要以上の体重増加を防ぐべく、体を意識的に動かすようにしました。妊娠初期から30分のウォーキング、できるときはもっと歩くようにしていました。体を動かすことは、腰痛予防だけでなく、体力づくりにもなるので、是非取り入れるべきだと思います。

隙間時間を大切に、仕事をして、子どもの夢をかなえたい

私は、既婚で3児の母です。独身時代は、当たり前の様に、起きて、ご飯を食べて出勤していたのですが、子どもが生まれてから、それが、どんなに大変な事か身にしみています。

 

親になってからは、自分の事だけをして、朝の時間を過ごす事は許されません。子どもを起こす前に、お弁当作りをして、それから、朝食の支度、子ども達を起こして食べさせて・・・、自分のメイクなんて、独身時代は30分以上かけていましたが、今や5分の最低限のみ。子育てしながら、仕事していると不安な事があります。それは、子ども達が熱を出したり、学校の行事やPTAで突然休まなければならなくなることです。

 

会社はシフト制で、数か月先まで決まっている為、急な変更は誰かにお願いして、自分のかわりに入って貰わなければなりません。これだから、子持ちは・・・とまで言う人はいないですが、逆の立場だったら、とても迷惑な存在だったと思います。私は、繰り返し、子ども達が熱を出したりするたび、学校の行事が本来は子どもの成長を見られる貴重な機会であるはずなのに、イライラするようになり、仕事にも、専念している、とも思えなくなり、自信を失って行きました。

 

また、その様に、家族を犠牲にして必死で働いても、子ども達の学童保育を払うと、数千円の利益しか出ません。沢山、働いた割には、利益にならないのです。そこで、私は考えたのですが、もっと、家庭を大事にしながら、仕事をする方法はないのか、と言う事でした。色々探しているうちに、ネットを通じて、文章を書いて納品するクラウドソーシングという働き方がある事を知ったのです。

 

私の今の夢は、フルタイムで働いている方々に比べると、もしかしたら、とても小さい物かもしれません。でも、子どもをいってらっしゃい、と言って送り出し、おかえりなさい、と言って迎えるまでの間に、文章を書く仕事をする事で、月3万円以上収入を得たいと思っています。子ども達は、それぞれ夢があり、習い事もしたがっています。経済的な理由で、最初から諦めさせてくはありません。今、時間を上手に使って、効率良く仕事することで、この目標を達成し、子ども達の夢を叶える応援をしてあげたいと思っています。

フリーランスとしてやっていく為にクラウドソーシングに力を入れています

雇われて賃金をもらうのではなくて、なんとか自分の手で収入を得て生活していくことに今挑戦しています。収入源は世の中に無限にあるので、ありとあらゆる可能性を試してみるつもりですし、試している最中でもあります。個人事業主やフリーランスでやっていこうとしています。

 

 

今現在の主な収入源はクラウドソーシングで、まずこれからもっと収入を得る方法を探っています。簡単なタスクをひたすら数をこなしていけば最低限の最活ができるくらいの収入は得られますが、ただそこが限界でもあります。体力と集中力が続かないからです。そこで最近はプロジェクトにも力を入れ始めて、できるタスクを検討する余計な時間を短縮しようとしています。タスクと比較してもプロジェクトの単価があまり良くないので、そこはできれば改善して欲しいとは思いますが、クライアントが単価を決めるので難しいだろうとも思っています。

 

今後はさらにインターネットを使っての他の収入の道も探っていこうしています。株やFXなどの投資は多少なりとも元手が必要となるので、今はまだ手を出せません。
数年前までヤフーオークションやネットショッピングをやっていたこともあるので、そのスキルを活かして何かを販売することも考えてはいますが、運営する手間と費やす時間を考えると、あまり割の良い仕事にはならないとも思っています。当時販売していたのは、無地のTシャツを買ってそれを絞り染めで模様をつけてミシンで刺繍するという手の込んだオリジナルTシャツと、描いたグラフィックをポストカードに印刷したものでした。芸術の道で食べていきたくて、その為の個人事業主でありフリーランスなので、創作の時間とエネルギーとテンションを著しく奪うことはしたくはありません。その為に雇われることは避けたいのです。

 

今はその為の環境づくりの期間と割り切って、とりあえずはクラウドシーシングに全力を注いでいます。ヤフーオークションやグラフィックでのスキルを活かして画像加工や出品作業などは問題なくやれそうなので、今後はもっとプロジェクトに力を入れていこうと考えています。

資格を取って仕事の幅を広げたいです

仕事で挑戦してみようと思っている事って、フォトレッタチャーです。今の仕事は DTP オペレーターです。勿論、フォトレッタチャーをやるにしても、印刷やその他ソフトの知識は絶対に必要です。 知っていると仕事の幅が広がりますし、その為にも DTP エキスパートの資格を取ろうと思っています。どこの会社に行っても重宝される資格です(笑顔)。

 

今の時代は、只単にアピールするだけでは駄目です。いくらその仕事が自信が有ると言っても簡単にはやらせて貰えないです。資格を持つと言う事は内外に対してアピールする事です。 フォトレッタチャーはフォトショップと言う画像ソフトを使って写真の修整作業を行いキレイに仕上げて行く仕事です。フォトショップは好きで、オペレーター時代は切り抜き等はやっていました。 ちょと今までの DTP オペレーターの仕事より一段ハードルが上がります。只、前からやってみたくて異動願いは出していました。 その際に上司から「何かアピール出来る物を持っていた方が良いよ」と言われて、それで、資格を取ろうと思いました。

 

仕事に関しては今まで以上に熱を入れて仕事をしています。手は抜きませんし、今やっている仕事が明日に繋がっていると常に思っています。 家でもフォトショップは持っていますので、独学ですが、ごみ取り、色修正、切り抜き、合成、等は勉強しています。いつでもスキルを上げる為の準備はしています。 やりたい事を自分の物にすると言う事は自分に対して自信にも繋がりますし、何より毎日張りが出て楽しいと思います。ぜひ、実現したいです。

 

フォトレタッチャーだけの限定的な勉強だけでは無くて、Adobe Illusutorator 等も知っておいた方が良いと思っていますので、一緒に勉強はしています。 知識の幅は広げておいた方が仕事に厚みが出て来ます。自分の為だけで無くて、会社の利益にも寄与する事になります。 まだまだ、仕事に対しては貪欲に吸収しようと考えています。まだ頭にも十分入ります(笑)。そして、念願のフォトレッタチャーになる為の努力は惜しまないで夢の為に挑戦して行こうと思っています(笑顔)。

外国語で情報を提供していきたい

現在、私は医療機関に医療機器を販売する仕事をしています。
主に営業を担当しており、毎日のように病院や介護施設などの医療機関を訪問しています。

f:id:q78f9ae8g66g:20140625173151j:plain


医療機関への営業はもう10年以上しておりますが、医療や福祉の分野は診療科目などが多岐にわたるため奥が深い仕事です。

 

常に新しい知識や情報を培っていかなければなりません。
現在、私が担当している分野は医療全般に及んでいますので日々勉強の毎日です。
医療機器や医療技術の革新は、世界規模で行われているため学べることや新しく吸収することが国内だけの分野に比べて広いといえます。

 

そういった意味でも外国語の習得が必要です。

 

海外の医療に関する論文などを理解するためには、もはや外国語の習得は必須ともいえます。

 

医療の分野は英語とドイツ語が使用されていることが多くあるため、その2ヶ国の言語を理解する必要があります。
医療の分野で今まで以上にスキルアップしていくために、私はこれから外国語の習得をしていきたいと思います。

 

外国語を習得することによって、仕事の幅が広がります。
そして自分のお客さまに対しても有益な情報や知識を提供していくことができるようになります。

 

私のお客さまは医師が多いため、高度な知識を正確にお伝えしなければなりません。
もし間違った情報をお伝えしてしまった場合、最悪の事態も想定されます。
そのようなことがないように、今後は正確にお伝えできる英語やドイツ語の習得をして仕事に活かしていきたいと決意しています。
現在の私は仕事の幅が狭く、自分のお客さまに対して貢献できることが限られてしまっています。

 

これまで以上にお客さまに対して貢献していくためには、前述した外国語の習得のみならず、普段の仕事全般のスキルアップが大切だと感じています。
今後、仕事で挑戦していきたいことは、外国語を習得してお客さまに貢献すること。

 

そして普段から有益な情報を提供していくための日々の勉強です。
お客さまにより多くの貢献ができるようにがんばっていきます。
そのために毎日の仕事が終わってからも、外国語のスクールに通って学んでいこうと思っています。

面白い文章を書きたいです

私は文章を書く仕事をしています。そうなので、私はできるだけ面白い文章を書けるようになりたいなと思っています。面白い文章というのはどういうことなのかを考えてみると、はっきりとした定義をすることはできません。しかし、それでもできるだけ良い文章を作り出したいなと思っています。そう考えて毎日生活をしているといろいろなことに気がつきます。

何気ない日常も、ちょっと変わった見方をすれば面白側面を取り出すことができるのではないでしょうか。例えば、階段を見てみると綺麗な四角形になっています。それが連続して並んでいるのは数学的であるとも言えますね。そう考えると面白いのではないでしょうか。

日常生活の中にも数学は潜んでいます。それを発見できたときは楽しいので、それを文章にしたいなと思っています。しかし、面白い文章を書くためには発見をするだけでは足りません。やはり、しっかりした文章を書く技術も必要になることでしょう。そう考えると国語の勉強も欠かすことはできませんね。日々勉強をしつつ、自分の書きたいことを追求していくべきなのではないでしょうか。

自分の中に面白いネタがあるときは比較的良い文章が書けると思います。しかし、ネタはだんだんと減ってきます。そうなった時に良い文章を書くためにはどうすればいいのかという事ですね。何時間考えてもかけない時には、私は読書をすることにしています。本の中にはアイデアが満載です。そう考えたら読書も楽しくなりますね。いろいろな場所からアイデアを取り出してくることが大切なのではないでしょうか。詩文の力だけで全てを考え出すことはとても難しいですからね。

インターネットやテレビを見るのもいいですし、外に出かけることも良いです。要するにありとあらゆる場所からアイデアを集めてくるのです。私はそうやってもっと面白い文章を作成する出来るように挑戦していきたいと思います。そう考えたら毎日が勉強であります。勉強は学生時代はあまり好きではありませんでしたけど、今の勉強は楽しいですね。そろそろ、自分で勉強のやり方を考える方向にシフトチェンジしていくことにも挑戦したいです。

“パートさん”以上の仕事をしたいと思っています

私は数年前から近所のスーパーの精肉売り場でパートをしています。
最初は家計の足しになればという思いからでしたが、やっているうちに精肉商品を作ることに
やりがいを感じるようになりました。
扱う製品が生鮮食料品なのでとっても寒い職場ですが、立ち仕事なので気づかないうちに体重が
減っていたのも嬉しいことのひとつです。

家庭でふだん包丁を握ってはいるのですが、やはりプロが使うものは種類が違いますし、手入れ
の方法も違っていました。
採用されたばかりの頃は仕入れた鶏肉をただトレイに並べるだけのような簡単な仕事でしたが、
だんだん色々な仕事を任されるようになり、近頃は大きな牛の枝肉を下処理して切り身に作りあ
げるという仕事もやれるようになりました。

いま取り組んでいるのはひき肉作りと、豚肉の大きな塊を部位ごとに正確に切り分けることです。
ひき肉作りは、ただ余りものの肉の寄せ集めをひいているわけではありません。
ひき肉用にキューブになった肉の赤身や脂身を、商品によって値段を考えて配合していきます。
見た目もきれいで儲けの出るひき肉ができて、しかも売れ行きがよかった時はとてもうれしいです。
ひき肉作りを任された時から、機械の分解と清掃も私の仕事になりました。
多数の部品があり、そして危険な刃物もあるので、緊張する作業ですが、汚れを残すと大変なこと
になるので気を抜けません。

豚肉は、牛肉よりも塊が小さいものの、無駄が出ないように切り分けて商品にしていく
のが難しいのです。肉には繊維の方向があり、筋があり、間違った切り方をしてしまうと
塊ひとつが台無しになってしまいます。
豚肉は売り場でも特売の目玉商品になることが多いので、美しく購買意欲をそそる品物
を確実につくらなければなりません。

私ももう精肉売り場で働き初めてから3年になります。発注作業も社員さんと相談してやる
ようになり、いかに儲けを出すか、無駄を出さないようにするかを考えるのは楽しいです。
たまにはイレギュラーな味付け商品や、珍しい季節商品を試しに発注してみることがありますが
何を発注するかを皆で話し合うのも楽しいです。
自分が関わった仕事でいい結果を生み出すことができたとき、やりがいを感じることができます。
社員のみなさんに多少は信頼されてきているので、これからもパートさんだからと遠慮せず、
新しいことにチャレンジしていきたいと思います。