読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0じゃない可能性を見つけるブログ

挑戦する事の意味を考えること

筋トレは男のロマン

 私にとって筋トレは、気分転換を図るための趣味であると同時に一種の生きがいでもあります。幼い頃からアクション映画が大好きで、素晴らしい肉体美を誇るスーパースターが悪者をバッタバッタと打ち倒していく様を見ていて、いつか自分もあんなふうに強くなれたらいいなと思っていました。


学生時代に運動部に所属していたこともあって、30歳を過ぎた今でも定期的に体力増進のトレーニングを実践しています。(もちろんプロのアスリートの方々に比べたら私の行っている筋トレなど微々たるものでしょうが。)


最近特にはまっているのが、体幹部を鍛える筋トレです。左右両側にバーのついている車輪を前後に転がして筋肉に負荷をかける「腹筋ローラー」が大のお気に入りです。これは、ジャッキー・チェン氏が映画内で披露していたトレーニングとしても非常に有名です。


通販サイトで本商品を購入した当初は、ちょっと体を前に伸ばしただけでそのまま回転する車輪の勢いに引っ張られて前方に転倒していました。YOUTUBEには連続で10回以上も腹筋ローラーエクササイズを行っている動画が多数アップされており、それらを見るたびに「本当にこんな運動人間にできるものなのか?」と畏怖の念を抱いていました。実際、腹筋ローラーで運動した翌日は腹筋がバキバキに硬直して、ちょっと体をひねっただけでも激痛に苦しんでいました。


しかし現在では、直立した状態からでも腹筋ローラーエクササイズを10回以上行えるようになりました。鏡で見てみると、自分の腹筋が数ヶ月前とは比べ物にならないほど引き締まっていることがよくわかります。こころなしか姿勢も良くなり、長時間街中を歩いていても疲れにくくなりました。


不可能と思われることでも一生懸命挑戦し続ければ大抵のことは実現できるものです。今では腹筋ローラーで転倒していた頃のことが懐かしく思えます。
現在私は次のステップとして「ドラゴンフラッグ」と呼ばれるエクササイズに挑戦する予定です。台の上に寝転がって背中と足を空中に浮かし、旗のように下半身を上下させる高難易度の体幹トレーニングです。今の私では5回すらこなせませんが、修練を続けていつかは10回以上連続でできるようになりたいです。